平塚農業高等学校

校長 添野 龍雄

 

【学校の歴史】

 本校は明治19年5月1日に三郡共立学校として、現在の平塚市金目の宗信寺に開校しました。

明治35年4月1日に中郡立農業学校に改称され、明治41年5月1日に県に移管されて、神奈川県立農業学校として現在の地(平塚市達上ヶ丘)に開校しました。

昭和5年4月1日に神奈川県立平塚農業学校と改称し、昭和23年4月1日、神奈川県立平塚農業高等学校と改称され現在に至っております。園芸科学科、食品科学科、農業総合科の3学科があります。

平成2011月に県立100周年記念事業を実施しました。今年は草創130年目で、全国の農業高等学校としては9番目の歴史と伝統を有する学校です。

また、三浦市初声町には、昭和25年4月に開校した平塚農業高校初声分校があります。1学年園芸科学科1学級の県内で唯一の分校です。

 

【生徒の将来像】

  ○地域農業のスペシャリストとなる。

○「農」を生かし、地域産業のリーダーとして活躍する人材となる。

○人間性豊かな職業人となる。

【教育活動】

 <基礎学力の充実> 各教科の基礎的・基本的知識・技術を習得する。

 <専門教育の充実> 実験・実習をとおして、「わかる」「できる」「創る」力を習得する。

 <生きる力の養成> 農業クラブ活動、特別活動、部活動等の主体的な活動をとおして、生き抜く力を養う。

 

【「輝き」の実現を目指して】

 ○夢・目標に向けて、進路実現した生徒の「輝き」

 ○生徒の生き生きとした高校生活による保護者の「輝き」

 ○生徒、保護者の充実は地域・学校の「輝き」

校長挨拶