教育方針

  1. 個人を尊重し、心身共に健全な人格の完成を目指した教育に努める。
  2. 健全な体力と堅忍不抜の精神と実践力の養成に努める。
  3. 平和な国家および、社会を形成する理念を培い,その指導性の涵養に努める。

学校目標

  1. わかりやすい授業に努め、基礎学力の定着を図る。
    • 授業評価や観点別評価を生かしたシラバスを充実させ、その主旨を活かした授業実践を行なう。
    • 農業教科や普通科の枠にとらわれず、授業改善を目指した授業公開を拡大し、学ぶ喜びを味わえる授業展開を工夫する。
    • 少人数制、自由選択科目、実習を重視した授業展開を有効に活用し、各学科の特色ある体制づくりに取り組む。
  2. 新組織の効率化と機能化に取り組み、全職員による指導体制を構築する。
    • 「学校へ行こう週間」、学校説明会、学校祭など、あらゆる機会を活用して地域や保護者に公開する取り組みを推し進め、開かれた学校作りを推進する。
    • 各種研修会の充実、企画会議の活性化、組織相互の共通理解を深化させる。
    • 所掌内容の明確化を図り、きめ細かい指導体制の構築を図る。特に基本的生活習慣の徹底の取り組みを進める。
  3. 体験的学習を充実させ、農業分野の基礎的・基本的な知識と技術の定着を図る。
    • 検定・資格取得の積極的取り組みを推進し、授業に対する動機づけとする。
    • 地域開放講座、地域の催し物への積極的参加、学校生産物販売等、地域交流、連携をさらに充実させ、広報活動に努める。
    • 地域農家との農業体験研修を実施し、実験実習を通した実践的な学習を行う。

校訓
校訓の石碑画像