本校の教育活動にご理解とご支援を
 ~ 明るく元気な挨拶が行き交う学校に ~
   
  校長 川島 勝  
   平成30年4月1日付の人事異動により、校長として着任しました川島です。
 明治19年、金目村にて開校した本校は、今年で132年目、明治41年に県に移管されこの地に移ってから110年目を迎えます。以来、農業教育に邁進することで数多くの優れた人材を輩出してきました。その歴史と伝統ある本校は、東京オリンピックが開催される平成32年には平塚商業高校と再編統合し、農業科・商業科を併置する学校としてこの地で新たなスタートを切ることになっています。『農業のスペシャリストと地域産業界のリーダーの育成』という本校の使命を果たすために、教育活動を一層充実させるとともに、これまでの歴史を引き継ぎ、さらに発展させていくための取組をしっかり進めていきたいと思っています。保護者の皆様、地域の皆様にはご理解とご支援を賜りますようお願い申しあげます。
 さて、私は生徒や職員に、本校を明るく元気な挨拶ができる学校にしたいと話しました。挨拶はこれから共に過ごす時間や場をよい雰囲気にしてくれるものであり、互いの存在を認め合うという人間関係の基本となるものだと思います。本校の生徒と教職員、生徒どうし、教職員どうし、そして来校されたお客様も含めて、これまで以上にしっかりとした挨拶の行き交う学校であってほしいと思っています。私もどんどん声を出していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。